公式のNexus 5Xケース – Nexus 5X フォリオ

Googleストアにて、Nexus 5Xの専用アクセサリとして売っているケース、Nexus 5X フォリオ(¥5,800)を購入しました。

今までのNillkinのケース

いつかは公式のケースが欲しいけど、とりあえずスマホの表面だけでも汚れから保護できるケースを…と思って購入したのがTopAceが販売しているNillkinのコレ↓


_KOB6305
安いしそこまで期待してなかったのですが、とても良いケースでした。
何と言っても軽くて薄い!いい意味でペラペラ!
そしてスマホを外しやすい、物理ボタン部も指紋センサー部もちゃんと穴があいていて操作できる。
フラップはペコペコ開くから、ボタンや磁石などでしっかり閉じれるタイプが好きな方にはお勧めできません。私は開きやすいペコペコタイプが好き。
値段の割にしっかり保護してくれて、何度か落下させましたがケースもスマホも無事でした。
でももう使用5ヶ月目、丈夫なNillkinケースもそろそろ疲れが出てきた模様。縁がちょっと削れてきたかな?

ガラスフィルム問題

ちなみにNillkinのケースと一緒に購入したガラスフィルムはこれ↓
(追記 2017-05-12:リンク切れてますね…ごめんなさい)


指紋がつきにくく、画面がちょー綺麗、薄すぎず厚すぎず、ラウンドすぎずで良いフィルムなのですが、貼る時ちょっとミスっちゃって、フィルムの左下がずっと浮いたままになっていました。
なので近々ガラスフィルムも買い換えようと、ガジェクラにオススメを教えてもらい、見当をつけていました↓

フォリオ購入

さて、Googleストアで念願の公式ケース、Nexus 5X フォリオをクレカで購入、
カラーは3種、カーボン、クオーツ、エメラルド。
注文したのが金曜正午、土曜香港出荷、羽田着、日曜昼前ヤマトさんで到着。約2日で到着しました。

注文者、届け先の漢字が直訳されていた件

ダンボールを開けつつびっくりしたのが、そこに書かれた私の名前。
注文者、届け先欄に書かれた名前がひっちゃかめっちゃかになっていました。名前の漢字がひとつひとつ英語に訳されていたのです。もはや原型をとどめていない。てかもはや名前じゃない。
住所はそこまで変化していなかったので、なんとか届いたようです。よかった…

ケース装着

サイズは 76.2 x 150.6 x 14.7 mm 、重量は 50.5g 。
_KOB6293
可愛いパッケージに裏返しで入っていました。色はエメラルドです。想像以上にエメラルドです。
PluggyLockも装着してしまい、もうケースを外したくなかったので、スマホが入ったままでの再現です。
_KOB6290
_KOB6295
右側面物理ボタンにはカバーが付いています。押し心地は良好。ちゃんとプチっと押せます。
_KOB6296
布っぽいところは滑り止め加工済みのマイクロファイバー
_KOB6297
_KOB6303

デザイン

_KOB6315
表面の柄
_KOB6318
nexusロゴ

画面オンオフ機能

_KOB6304
開くとオン、閉じるとオフ。いい加減この機能、誰か名前つけてくれ。
商品ページには、こう書かれてあります↓

フォリオを開くだけで画面がオンになり、閉じるとスリープモードになって電池を節約できます。

電池を節約というのは、画面つきっぱなしを防ぐってことかな?

Nillkinとの比較

_KOB6307
_KOB6306
やっぱりフォリオの方が大きくて厚みがあります、画面が大きくなったか?と感じるほど。
その分衝撃から保護してくれるでしょう。

きになる点

_KOB6312
ケースの厚みがちょっと増したので背面指紋センサーが遠くなりました。
問題なく指紋認識できるのですが、激薄Nillkinケースと比べると結構深みがあります。

ガラスフィルム問題

_KOB6313
フォリオは画面の縁をしっかり包むタイプのケースなので、ガラスフィルムの”浮き”をいい感じにカバーしてくれました。

まとめ

滑り止め加工済みのマイクロファイバーや、画面の縁をカバーしてくれるシェル、画面オンオフが有効なフラップ、物理ボタンの押しやすさ。
見た目の高級感的にも、5,800円の価値はあると思います。

Related Post