WordPressブログ新規投稿のプッシュ通知 – Push7

今回やること

WordPressブログにて投稿を公開した際、購読者のブラウザ・端末へプッシュ通知を送れるようにします。

Push7とは

wpx-push7-error3-1024x592

Push7は、Webから直接ユーザの端末へお知らせを送れるWebプッシュ通知サービスです。
面倒なSSL証明書の取得や専用システムの組み込みは不要。コードをコピー&ペーストするだけで、
簡単にサイトからのお知らせをリアルタイムでユーザに届けることが可能です。
– 公式サイトから

簡単に言うと、購読者に通知を送るサービスです。
受け取る側も送る側も特にアプリケーションを端末に入れる等の必要はありません。全てブラウザにて完結いたします。
(iOSでは、ブラウザへのプッシュ通知が提供されていないため、専用アプリが必要になります。)
イベントやるよ!Twitterアカウント作ったよ!等の手動で送る通知も、新しい記事書いたよ!等の自動で送られる通知もカバーしています。様々なことに利用できそうですね。

今回の導入はとても簡単、(この手のものに慣れていれば)わずか5分で完了します。Push7アカウント作成・購読ボタンの設置・Push7プラグインを有効にするだけ。

Push7アカウント作成

初めにPush7にてアカウント作成します。アカウントが必要になるのはサイト管理者のみで、通知を受け取る側は必要ないです。
cap 2016-06-13 14.54.54
Push7サイトにて新規登録。
メールアドレスの登録、本登録URLへのアクセス、パスワードの入力等、お馴染みの手順なので省かせていただきます。

アプリケーションの登録

WordPressのブログの情報をPush7へ登録します。
cap 2016-06-13 15.24.31
サイト名、サイトURL、サイトアイコン、アプリケーションURL(購読ボタン押下時遷移先)を登録します。

購読ボタン設置

Push7にて「アプリケーション設定」>「導入方法」
cap 2016-06-13 15.25.34

今回は「かんたん」設置で行きます。
cap 2016-06-13 15.25.47
ボタンの表示形式を選ぶと、下のコードの「data-p7c=”●”」という箇所が更新されます。

ここのコードをコピーし、WordPressブログのウィジェット等でブログに設置します。
cap 2016-06-13 15.27.24

とりあえず、購読ボタンの設置だけ完了しました。

 

WordPressにプラグイン導入

プラグインを検索し、インストール。
cap 2016-06-13 15.29.56

有効化し、設定内の「Push7設定」へ移動。
cap 2016-06-13 15.31.12

ここで APPNO と APIKEY を求められるので、
cap 2016-06-13 15.33.16

Push7の「アプリケーション設定」>「自動プッシュ設定」>「WordPress」にて拾ってくる。
cap 2016-06-13 15.32.36

あとは通知を有効にするカテゴリにチェックを入れるだけ。

通知テスト

テスト投稿を行い、通知を送ってみる。
PC(Chrome)にて
cap 2016-06-13 15.41.16
Androidにて
Screenshot_20160613-154240
ちゃんと届きました。

記事投稿時・更新時の通知指定

記事を書いている時、右下にPush7の通知設定ができるようになりました。
cap 2016-06-13 15.51.34
新規記事を作成している場合、ここにチェックは入っていません。
既存の記事を編集している場合、チェックが入っていた。更新時は通知を送らないだろうという心遣いですね。
通知するかしないかは、ここで指定できるので、
新規投稿でも通知したくない場合、既存の記事更新で通知したい場合等も、ここの設定を変えるだけで大丈夫ですね。

Related Post