Swarmのチェックイン履歴をGoogleカレンダーに追加 – Zapier

私のカレンダーはこうなっている


こちらのキャプチャは、先日、河口湖の方へ旅行に行った時の私のGoogleカレンダーです。ちょっと見せるの恥ずかしいです。
Zapierを利用していまして、Swarmでのチェックイン時刻に、チェックイン場所の名前と位置情報を使って、イベントを作成するように設定しています。
チェックインし忘れて後からバタバタチェックインをしたところが多いので、時刻がちょいちょいかぶっているところがありますが、ちゃんとチェックイン操作をした時刻Justにイベントが作成されています。

このように、Swarmのチェックイン履歴をGoogleカレンダーに追加する方法はいくつかあります。

  • Foursquareのフィードからの簡単設定
  • IFTTTやZapierに追加してもらう

筆者は最初、前者のFoursquareのフィードを直接読み込む簡単設定を利用していました。しかし途中でぱったり追加してくれなくなったり、簡単設定がうまくいかなくなったりしたため、IFTTTでの方法に乗り換えました。チェックインフィード機能、なんかもうサポート終了してるっぽいし。
しかし、その乗り換え先のIFTTTは15分毎に同期をしているらしく、チェックインイベントの開始時刻が全て15分単位になってしまっていました。
そこで、イベント開始時刻の指定等、カスタマイズ性の高いZapierに乗り換えたのです。しかし、無料プランでは同期回数等が厳しく制限されており、月末にはイベントを追加できなくなったりしていたので、現在、月$20の有料プランに登録しています。ううっ、Basicプランなのにお高い。

ここでは、Foursquareでの簡単設定の方法と、Zapierでの方法を説明します。

Swarmのチェックイン履歴をGoogleカレンダーに追加する方法

Foursquareのフィードから簡単設定

まずFoursquareへアクセス。
右上メニューから「履歴」。

右下の「RSS / ICS / KML」。

一番下の「GCAL チェックイン履歴をGoogleカレンダーに追加」。

ここをクリックで、Googleカレンダーに遷移し、カレンダーを追加するかどうか聞かれます。

これで設定完了です。カレンダー左の、リストの「他のカレンダー」内にFoursquareのフィードURLがタイトルとなったカレンダーが追加されたでしょう。
カレンダーのタイトル変更は、カレンダー設定からできます。

チェックイン数が多いと、全てのイベントが作成されるまでとても時間がかかったかと思います。いくら待っても反映されなかったらそれは…私と同じ運命なのです。

Zapierでの追加方法

さて、Zapierで新規Zapを作ります。

Swarmとの連携

Swarmを選択。

「New Checkin」が選択された状態で「Continue」。

ここでSwarmのアカウントとの連携です。
連携が終わりましたら、連携させたアカウントが選択された状態で「Continue」。

連携のテストです。テストが成功し、「Test Successful!」と表示されましたら、「Continue」。ここでSwarm側の設定は終了、あとはGoogleカレンダー側の設定です。

Googleカレンダーとの連携

Googleカレンダーを選択。

「Create Detailed Event」(詳細なイベントの作成)を選択し、「Continue」。

ここでGoogleカレンダーとの連携です。
連携が終わりましたら、連携させたアカウントが選択された状態で「Continue」。

さて、作成するイベントの詳細を設定していきます。
こちらで設定できる項目は以下のようになっています。

Calendar イベントを追加するカレンダーの選択
Summary タイトル
Description 説明
Location 場所
Start Date & Time 開始時刻
End Date & Time 終了時刻
Repeat Frequency 繰り返し
Repeat Until 繰り返し終了日時
Repeat How Many Times? 繰り返し回数
All day 終日予定か
Color 表示色
Attendees 招待するメールアドレス
Visibility 公開範囲設定
Use Default Reminders? デフォルトの通知設定を利用するか
Reminders 通知受け取り方法設定(上の設定をNoにする)
Minutes Before Reminders 通知受け取り日時設定

まず、追加するカレンダーの選択。右のプルダウンを押下すると、登録しているカレンダー一覧が出てきます。

私はSwarmでのチェックイン用に「4sq」というカレンダーを作成しているので、そちらを利用しています。

次にSummaryの設定、イベントのタイトルとなる部分です。右のプルダウンを押下すると、直近のチェックインの詳細情報が表示されます。
私は、イベントタイトルは「@チェックイン場所名 チェックイン時のコメント」としたいので、『@「Venue Name」 「Shout」』と設定しました。

イベントの場所は「チェックイン場所名」、開始日時・終了日時は「チェックイン日時」としています。

その他項目の設定も確認しましたら、「Continue」。
連携のテストです。ここで直近のチェックインがGoogleカレンダーに追加されます。テストが成功し、「Test Successful!」と表示されましたら、「Finish」。
このZapのタイトルをつけて終了です。

せっかく有料版Zapierを利用しているのに、毎月Zap回数が余ってしまうのはもったいないので、私はSwarmチェックインだけでなく、ツイートやInstagramの投稿、その日の天気、日の入り時刻等、すべてGoogle カレンダーに反映されるように設定しています。ライフログ取れすぎててGoogle カレンダーが大変なことになっています。

Related Post