Macのカラーピッカーの使い方 – Digital Color Meter

Digital Color Meterとは

概要

Macのプリインストールアプリ。
カーソルをかざした部分のカラーコードを表示してくれる。
PhotoshopやIllustratorでいうスポイトツールのようなもの。

場所

「アプリケーション」>「ユーティリティ」>「Digital Color Meter」

使い方

Digital Color Meterを開いた状態でマウスカーソルを動かすと、カーソルの位置の色をリアルタイムで読み取り、カラーコードを表示してくれる。

応用

カラーコードをコピーする

コピーしたい色にカーソルをかざしたまま、
メニュー >「カラー」>「カラーをテキストでコピー」
または
Command + Shift + C

例えばこの状態でコピーすると、
165 141 128
上記のようにクリップボードにコピーされた。

ちなみに、
メニュー >「カラー」>「カラーをイメージでコピー」
または
Command + option + C
でコピーすると、

上記のようなtiffイメージがコピーできる。

16進数で表示させる


メニュー >「表示」>「値を表示」>「16進」
すると表示されるカラーコードが16進数になる。
そのまま上記の「カラーコードをコピー」をすると、
#283E56
このようにクリップボードにコピーされる。

Related Post