ヴァーサタイル音声記録内容まとめ – FFXV エピソード プロンプト

はじめに

エピソード プロンプトで迷い込む研究所内で発見する、ヴァーサタイルの音声記録の内容をまとめて記録内容の時系列順に並べています。
記録されていた文章全ては書いていませんので悪しからず。
アイキャッチ画像は適当な物が用意出来ず本編のスクリーンショットになっています。

名称 記録日時 概要 概要2
M.E. 722.7 M.E. 722.7.8 「魔導コア導入」 研究中の魔導兵への魔導コア導入へ。シガイを素材とした魔導兵は未だ実用的でないが、アーデンの持つデータがあれば解決可能。
M.E. 722.10 M.E. 722.10.21 「気化シガイを人間に」 魔導兵の原材料である気化シガイに人間(兵士をシガイに冒させた気化シガイ)を使用する方向へ。魔導コア入魔導兵とシガイの融合実験を繰り返すも、不死の人間を兵士にはできず。
M.E. 722.12 M.E. 722.12.5 「使用する人間を自我を持たぬ赤子に」 半年間、魔導兵の自我の崩壊現象が発生していた。人をシガイ化させ気化シガイを作成するプラスモディウムを注入する対象を兵士から自我を持たぬ赤子へ変更。
M.E. 723.3 M.E. 723.3.11 「使用する赤子をヴァーサタイルの遺伝子の赤子に」 魔導兵の量産に必要なシガイの元となる赤子を自身の遺伝子から培養した赤子へ変更。赤子の量産ができれば面倒な手続きなしで魔導兵の量産も可能に。
M.E. 724.10 M.E. 724.10.24 「シガイの利用を目指す」 魔導兵の量産体制確立により帝国はルシスを圧倒、インソムニアは包囲下に。気化シガイ生成時ごく稀に失敗として生まれるシガイの利用を検討し、シガイ研究を進める。
M.E. 736.5 M.E. 736.5.3 「ルシスが試験体1体を盗み出す」 何者かが研究所へ侵入しシガイ化前の赤子の試験体1体を盗み出す。魔導兵で研究所の警備を厳重にする。
M.E. 745.11 M.E. 745.11.21 「氷神討伐成功」 グロブス渓谷に現れた氷神を魔導兵とシガイの混成部隊により討伐。投入した部隊は壊滅状態。氷神のデータを分析し神と戦うに相応しい魔導兵器の開発を進める。
M.E. 756.4 M.E. 756.4.8 「ダイヤウェポン開発成功」 究極の魔導兵器シガイアーマーの開発に成功。
開発名「ダイヤウェポン」。自我のコントロールは不安定、起動後は破壊と殺戮を繰り返し停止不能。ひと月後の調印式にて研究対象の聖石を奪う予定。
M.E. 756.7 M.E. 756.7.9 「研究の完遂」 自我を確立したままのシガイ化、さらにその気化シガイを意識を残したまま魔導兵器化することに成功。試作機の魔導兵器としての能力はダイヤウェポンには劣るが、気化シガイの形で幾度となく乗り換えることが可能。ヴァーサタイルの人としての最後の記録。