送信された URL に noindex タグが追加されています – Google Search Console, XML-Sitemap

参考にさせていただいた記事

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの原因と対処方法

Google Search Console のエラー

Google Search Console から “サイト https://blog.kobunata.xyz/ で「カバレッジ」の問題が新たに 検出されました” という見出しのメールが届いた。
以下内容。

“Search Console により、貴サイトに影響するカバレッジの新たな問題が 1 件検出されました。”
“送信された URL に noindex タグが追加されています”

“カバレッジの問題を解決する” から Google Search Console へアクセス。
以下内容。

こちらから原因が判明。

原因

当該サイトのサイトマップは WordPress のプラグイン 「XML-Sitemap」 (XML Sitemap Generator for WordPress 4.1.0) で作成しているのだが、そのプラグインがサイトマップのファイル “sitemap.xml” 以外に HTML ファイル “sitemap.html” もオマケで作成しており、そちらのファイル内に Google の index 処理を回避する “noindex” というワードが入っているので、 SEO 的によろしくないというエラーらしい。

解決方法

まずサイトマッププラグインがオマケで作成している HTML ファイル “sitemap.html” は不要と判断。サイトマップのファイル “sitemap.xml” さえあれば私は十分なので。

WordPress のプラグイン 「XML-Sitemap」 が当該ファイルを生成しないよう設定する。
WordPress のプラグイン 「XML-Sitemap」 の設定画面から、”HTML 形式のサイトマップを含める”という項目のチェックボックスを空にし、”設定を更新”。

その後、 Google Search Console の先ほどの画面へ戻り、”修正を検証”。

画面が切り替わり、修正の検証が開始される。

Google Search Console から、 “「カバレッジ」の問題の修正を検証しています (対象サイト: https://blog.kobunata.xyz/)” という見出しのメールが届いた。
おそらく後日、Google Search Console から修正完了のメールも来るだろう。

最後に

Google Search Console からメールが届くと、その都度、まさか重大な問題じゃないだろうかとヒヤヒヤしますが、大抵は冷静に調査すると小さい問題ですね。(自分に言い聞かせるように。) 今回もなんとかなりました。
以下、冒頭にも記載しました参考にさせていただいた記事です。
少々前の記事ですが、大変参考になりました。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの原因と対処方法