単焦点レンズの写りを比較 – NIKKOR,Voigtländer,SIGMA

やること

よく使用する単焦点レンズ3つ、
・AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
・Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N
・SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM

それらの写り(主にボケ味が知りたかった)の比較のため、撮り比べをしてみる。
いずれの写真もボディは D7000、被写体は OM-1、絞り値は f/1.8 に合わせて撮影。
Adobe Photoshop Lightroom Classic CC で多少の加工・修正は済んだ状態である。

写真比較


1/50s f/1.8 50mm ISO100
レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G


1/125s f/1.8 58mm ISO100
レンズ:Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N


1/60s f/1.8 35mm ISO100
レンズ:SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM

主な違い

NIKKOR

重量は NIKKOR がダントツで軽く、写りは柔らかい印象。
しかし少々フリンジが出やすく、修正が必要。

Voigtländer

MF機ならではの綺麗なボケが出る。
しかしフリンジが出やすく、フリンジ除去も時には追いつかない。

SIGMA

フリンジが出にくく、ボケも含めてしっかりシャープに写る。
重量が少々ネック。